給湯器の交換まるわかりガイド » 給湯器の基礎知識 » 給湯器の交換はどこに頼むのが正解?

給湯器の交換はどこに頼むのが正解?

給湯器の交換で迷うのは、どこに依頼するか。ガス会社か給湯器交換業者か、それとも給湯器メーカーか。それぞれのメリットデメリットとともにご紹介します。

ガス会社に給湯器交換を頼むメリット・デメリット

ガス会社とは東京ガスや大阪ガスなど、ガスを提供している会社のことです。

メリット

普段から利用しているガス会社なので親しみやすい、毎月の支払い明細に連絡先が記載されているので相談しやすい、というメリットがあります。 また、知らない業者に任せるよりも安心感が違いますね。

デメリット

ネームバリューのあるガス会社ですが、ほかの業者であるような、給湯器自体の割引はあまり期待できません。交換費用は高額になる傾向にあります。また、給湯器の選択肢も限られます。

給湯器交換業者に頼むメリット・デメリット

給湯器業者はさまざまなメーカーの給湯器を各種取り揃えており、販売や取り付け、修理や交換などにも対応している業者です。

メリット

たくさんのメーカーの給湯器が取り扱われているため選択肢が広く、メーカーの機種変更が自由にできます。また、業者の数が多いため競争が激しく、ガス会社や給湯器メーカーでは定価の10%程度の割引しかないのに対し、給湯器業者によっては、最大で80%ほども割引してくれるところも。

保証やアフターサービスが充実している業者もたくさんあります。

デメリット

業者の数が多いため、自分に合った業者を探すのが一苦労、という面があります。 ほとんどの業者は対応がしっかりしているはずですが、たまに見積もりと請求金額が大幅に違ったり、日にちにルーズだったり、保証やアフターサービスが良くなかったりと、信頼性に欠ける業者が存在します。

見極めるためには複数社に見積もり依頼をし、対応やスピードなど、信頼できるかどうかをしっかり観察する必要があります。

給湯器メーカーに交換を頼むメリット・デメリット

給湯器メーカーは給湯器を製造する会社。リンナイやノーリツ、パロマなどが有名です。

メリット

給湯器を製造しているメーカーなので、ガス会社と同じく、業者を一から探して依頼するより安心感があります。

デメリット

給湯器メーカーは販売や取り付け、修理などを専門業者に委託していることが多いです。交換を依頼した際は給湯器メーカーが業者を選定します。

希望の業者を選ぶことができないため、ガス会社と同じく、費用は高額になりがち。 また、給湯器メーカーのものしか使えず、メーカーの変更はできません。

【結論】コスパ重視なら給湯器交換業者がおすすめ!

東京ガスなどのガス会社、リンナイなどの給湯器メーカーは値引きがほとんどなく、給湯器の交換に高額を支払うことになります。

一方、給湯器交換業者は、給湯器を大量に仕入れていることもあり費用が安く、82%オフといった表記も目にします。

とはいえ、なかには悪徳な給湯器業者もいますので、その見極めが大事。安心して任せられる給湯器交換業者を紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

給湯器の故障で 大至急交換したい方

即日対応可能な給湯器交換業者3選

※即日対応可能を公式HPに明記している3社。

湯ドクター

公式HP

キンライサー

公式HP

給湯器
直販センター

公式HP

365日
24時間受付
○の記号 ○の記号 ○の記号
緊急
レンタル
○の記号 ○の記号
取り扱い
メーカー数
9
リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパス、パナソニック、コロナ、東芝、三菱電機、ダイキン
6
ノーリツ、リンナイ、パロマ、パーパス、ハーマン、大阪ガス
4
リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパス
対応
エリア
全国
東京、埼玉、
神奈川、大阪、
兵庫
東京、埼玉、
神奈川
給湯器の不具合で 交換を検討している方

対応力に優れた給湯器交換業者3選

※全国に対応する3社(一部対応できない地域あり)。最大割引率は2019年9月現在

湯ドクター

公式HP

正直屋

公式HP

住設ドットコム

公式HP

最大割引率 82 81 82
無償
本体保証
7 2 3
無償
工事保証
10 10 3
現地調査 ○の記号

給湯器交換業者で
一番見積もりが安いのは?

イメージ

給湯器の交換は実は思いほか高く、工事費と合わせて40万や50万かかってしまうケースも。日常生活に欠かせないものとはいえ、できるだけ費用は抑えたいですよね。そこで、おすすめの給湯器業者4社に見積もり依頼をしてみました。どこが一番安く対応してくれるか、実際の書面とともにまとめています。