給湯器の塗装について

給湯器は、塗装によって色を変えることが可能です。ここでは、給湯器に塗装する目的や塗装にかかる費用、注意しておきたいポイントなどについて紹介します。

給湯器に塗装する目的

給湯器はそのままでも使えますが、塗装して使用している方も多いです。給湯器を塗装するのには、以下のような目的があります。

設置場所に色を合わせたい

設置場所の色味に合わせる目的で塗装をするケースもあります。給湯器が設置されている場所と、給湯器の色が全く異なると、目立ってしまいます。

外壁と同じ色に塗れば、溶け込んで見えるため、給湯器を目立たせたくないような場合にも塗装が効果的です。

経年劣化を隠せる

給湯器は長く使っているうちに少しずつ外劣化していきます。外装についても同様で、場合によってはサビが発生し、見た目が悪くなってしまうことも多いです。

塗装では内部の劣化は改善できないものの、見た目を改善する効果があります。また、防水性能などを持っている塗料で塗装することによって、給湯器自体を守る効果も期待できるでしょう。

給湯器の塗装費用

給湯器の塗装にかかる費用は、選択する業者によって異なります。一例として、8,000円~15,000円程度(税別)を目安にしてみてください。(※)

具体的な費用については、実際に塗装を依頼する給湯器の販売元に確認してみることをおすすめします。設置なども含め、総合的にいくらかかるのか明確にしておくことが重要です。

※参照元:湯ドクター(https://www.u-doctor.com/products/column/contents26

給湯器塗装の注意点

給湯器を塗装する場合、いくつか事前に確認しておきたいポイントがあります。以下の3点に注意してみてください。

納品までに時間がかかる

多くの場合はあらかじめ色が塗られているのではなく、塗装を依頼してから塗り始めることになります。

そのため、納品までに時間がかかるケースが多いです。1ヶ月程度、またはそれ以上待たなければならないケースもあります。

特に、給湯器が故障して新しいものを購入する際に塗装を検討している方は、今すぐに給湯器を納品してもらえないと困ってしまうでしょう。このようなトラブルを避けるために、塗装が完了するまではレンタルの給湯器が使える業者もあります。

このあたりについても相談してみてください。

色選びのポイント

どの色の塗料で塗装するかについては、よく検討が必要です。やはり、設置場所に合わせてカラーを検討するのが一般的だといえます。

設置場所と全く異なるカラーを選択した場合、浮いて見えたり、悪目立ちしてしまったりするので注意しましょう。多くのメーカーでは、人気の落ち着いたカラーを何種類か用意しています。

また、業者側でオリジナルの特注色に対応してもらうことも可能です。

注意したいポイントとして、特注色で塗装を依頼した場合、通常の塗装よりも納期が長くなるのが一般的といえます。また、費用についても各メーカーの標準色と比べて高くついてしまうケースがほとんどなので、確認しておきましょう。

給湯器の故障で 大至急交換したい方

即日対応可能な給湯器交換業者3選

※即日対応可能を公式HPに明記している3社。

湯ドクター

公式HP

キンライサー

公式HP

給湯器
直販センター

公式HP

365日
24時間受付
○の記号 ○の記号 ○の記号
緊急
レンタル
○の記号 ○の記号
取り扱い
メーカー数
9
リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパス、パナソニック、コロナ、東芝、三菱電機、ダイキン
6
ノーリツ、リンナイ、パロマ、パーパス、ハーマン、大阪ガス
4
リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパス
対応
エリア
全国
東京、埼玉、
神奈川、大阪、
兵庫
東京、埼玉、
神奈川
給湯器の不具合で 交換を検討している方

対応力に優れた給湯器交換業者3選

※全国に対応する3社(一部対応できない地域あり)。最大割引率は2019年9月現在

湯ドクター

公式HP

正直屋

公式HP

住設ドットコム

公式HP

最大割引率 82 81 82
無償
本体保証
7 2 3
無償
工事保証
10 10 3
現地調査 ○の記号

給湯器交換業者で
一番見積もりが安いのは?

イメージ

給湯器の交換は実は思いほか高く、工事費と合わせて40万や50万かかってしまうケースも。日常生活に欠かせないものとはいえ、できるだけ費用は抑えたいですよね。そこで、おすすめの給湯器業者4社に見積もり依頼をしてみました。どこが一番安く対応してくれるか、実際の書面とともにまとめています。