給湯器の交換まるわかりガイド » 給湯器の基礎知識 » 給湯器とボイラーの違い

給湯器とボイラーの違い

ボイラーと給湯器、違いは分かりますか?給湯器を導入するとき、ガス給湯器や灯油ボイラーなどどれがよいかよく分からないという人も多いと思います。ここではボイラーと給湯器についての解説と、ボイラーと給湯器それぞれのメリット・デメリットについて紹介します。ボイラーと給湯器、どちらを導入すればよいか分からないという方はぜひ参考にしてください。

ボイラーとは

ボイラーとは、水を熱しお湯や蒸気を作る機械のこと。工場などで利用される熱や水蒸気を発生させる機器をボイラーと呼ぶこともあれば、家庭用の石油給湯器のことを灯油ボイラーと呼んだり、温水を作るものを温水ボイラー、蒸気を作るものを蒸気ボイラーと呼んだりします。

ボイラーは、下記の3つの要件に当てはまるものとして定義されています。

  • 火気、高温ガス、または電気を熱源とするもの
  • 水、または熱媒を加熱して蒸気または温水を作る装置であること
  • 蒸気、または温水を他に供給する装置であること

ここでは、家庭用の灯油ボイラーに焦点をあてて解説します。灯油ボイラーとは、灯油を燃料としてお湯を沸かす給湯システムのこと。水道の水圧をそのまま利用する直圧式と水道水の圧力を抑えて利用する減圧式があり、現在の主流になっている灯油ボイラーの構造は直圧式です。

給湯器とは

給湯器とは、水をお湯に変えて供給する装置のことです。熱源によって、「ガス給湯器」「石油給湯器」「ヒートポンプ給湯器」「電気給湯器」など呼び方が異なります。

ボイラーも給湯器も、温水などを作るということでは同じ目的の機械となります。石油給湯器やガス給湯器のことをボイラーという場合もあり、ボイラーと給湯器の明確な区別はないようです。

ここでは、ガス給湯器について解説します。灯油ボイラーとの違いはガスを使うという点。ガス給湯器の全体的な構造などは灯油ボイラーとあまり変わりません。ガス給湯器にも瞬間式と貯湯式の2つがあり、瞬間式のほうが給湯能力にも優れていて広く使用されています。

ボイラーのメリット・デメリット

灯油ボイラーとガス給湯器を比較した場合、メリットはランニングコストが安いという点にあります。そのため冬が長く光熱費がかさむ寒冷地では、灯油ボイラーが広く導入されています。灯油ボイラーは頑丈で、長寿命という点もメリットと言えるでしょう。

デメリットは、燃料切れのおそれがあるという点。灯油ボイラーの燃料は灯油なので、灯油を使い切ってしまえば使用できなくなります。こまめに灯油をチェックし、いざというときに困らないようにする必要があるでしょう。また、燃料タンクを置くスペースが必要となることもデメリットのひとつです。

給湯器のメリット・デメリット

給湯器のメリットは、給湯器の本体がコンパクトであるという点。マンションなどの設置場所が限られている場合でも、ガス給湯器であれば設置が可能な場合もあります。また、給湯能力が高い点もメリットです。しかも都市ガスであれば燃料切れになることがないため、いつでもお湯が使えるという点は大きいでしょう。

一方、デメリットとしてはランニングコストが高いという点が挙げられます。灯油ボイラーと比較すると、明らかにガス給湯器のほうが高いです。また、電気温水器や灯油ボイラーと比較して少しガス給湯器のほうが寿命は短いとされています。ただし、メンテナンスをしっかり行うことで寿命を保つことは可能でしょう。

まとめ

灯油ボイラーとガス給湯器の違いについて比較しました。それぞれメリット・デメリットがあるため、住んでいる地域、一軒家・マンションどちらに住んでいるか、手間の大きさ、ランニングコストなどをトータル的に考え、自分たちに合うものを選ぶようにしましょう。

給湯器の故障で 大至急交換したい方

即日対応可能な給湯器交換業者3選

※即日対応可能を公式HPに明記している3社。

湯ドクター

公式HP

キンライサー

公式HP

給湯器
直販センター

公式HP

365日
24時間受付
○の記号 ○の記号 ○の記号
緊急
レンタル
○の記号 ○の記号
取り扱い
メーカー数
9
リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパス、パナソニック、コロナ、東芝、三菱電機、ダイキン
6
ノーリツ、リンナイ、パロマ、パーパス、ハーマン、大阪ガス
4
リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパス
対応
エリア
全国
東京、埼玉、
神奈川、大阪、
兵庫
東京、埼玉、
神奈川
給湯器の不具合で 交換を検討している方

対応力に優れた給湯器交換業者3選

※全国に対応する3社(一部対応できない地域あり)。最大割引率は2019年9月現在

湯ドクター

公式HP

正直屋

公式HP

住設ドットコム

公式HP

最大割引率 82 81 82
無償
本体保証
7 2 3
無償
工事保証
10 10 3
現地調査 ○の記号

給湯器交換業者で
一番見積もりが安いのは?

イメージ

給湯器の交換は実は思いほか高く、工事費と合わせて40万や50万かかってしまうケースも。日常生活に欠かせないものとはいえ、できるだけ費用は抑えたいですよね。そこで、おすすめの給湯器業者4社に見積もり依頼をしてみました。どこが一番安く対応してくれるか、実際の書面とともにまとめています。