給湯器の交換まるわかりガイド » 給湯器交換業者ランキング » 給湯器交換の工事費見積もりランキング

給湯器交換の工事費見積もりランキング

全国に対応した業者にて、見積もりがとれた企業の工事費用が安い順からランキングにて紹介します。

※24号のエコジョーズでとった見積もりとなり、機種や設置状況でも変動するので注意してください。

給湯器交換工事費見積もりランキング

1位:湯ドクター

見積もり金額 338,000円
対応地区 全国
受付時間 24時間365日
特徴 もっともお得だったのは湯ドクター。本来の商品価格や工事費用に加えて、細かい見積もりをスピーディーに提示してくれた業者です。90年以上の歴史があり豊富なノウハウをもっている業者だからこそできる対応だと言えるでしょう。細かい見積もりは現地調査の上で提案してくれますが、写真を事前に送付し調査を省略できる場合もあります。

詳しい見積もり内容を見る

2位:キンライサー

見積もり金額 345,000円
対応地区 全国
受付時間 24時間365日
特徴 次いで金額がお得だったのはキンライサー。書面での回答ではなかったものの、電話にて金額を伝えてくれました。また問い合わせをした際、LINEにて受付番号などと合わせて連絡すれば画像による見積もりに対応してくれます。

3位:住設ドットコム

見積もり金額 353,959円
対応地区 全国
受付時間 月〜土の9:00〜17:00
特徴 通販のように気軽に注文ができるのが特徴の住設ドットコム。注文前に見積もり金額が提示されるので、費用の比較をする際にも時間がかかりません。

工事費見積もりは厳選しよう

今回は同条件で比較してみましたが、機種だけでなく給湯器のサイズや地域によっても費用が変動します。そのため、自分の住んでいる地域に対応した業者からも見積もりを取っての比較が大切。上記ランキングに含まれている業者に加えてチェックしておくといいかもしれません。とはいえ、あまり多くの業者に見積もり依頼を出すのも大変なので、3〜4社程度に絞るのがベター。

また、現地調査の手間をかけずに見積もりする方法として、事前の写真を送付で細かい見積もりしてくれる業者を探すのもポイントです。

工事費で比較する際の注意とは?

給湯器交換の工事を依頼する際にかかる費用の内訳はさまざま。

  • 給湯器本体の購入費用
  • リモコン購入費用
  • 設置に伴い必要な部品購入費用
  • 交換工事作業代
  • 古い給湯器の処分費用

一般的に発生する費用項目だけでも上記があり、さらに「交換工事」も作業はひとつだけとは限りません。エコジョーズを設置する際には「ドレン排水工事」なども発生し、暖房機器がついているタイプなら「暖房接続工事」も必要です。一見すると安い費用設定に見えている場合でも、別途工事費用が発生して結果的に金額が高くなる事例に注意してください。見積もりや問い合わせ時に、他に発生する工事費用はないかを確認した上でトータルの費用を比較しましょう。

見積もり書に細かい内訳が掲載されていないケースは注意が必要です。

給湯器を自分で購入して工事費は抑えられる?

交換を検討している方のなかには、「給湯器は別に購入して工事だけ依頼すれば安くあがるのでは?」と考える方もいるかもしれません。実際、業者によっては持ち込み製品の交換工事のみ対応してくれる業者もいます。

しかし、製品と工事を別々にするのはあまりおすすめできません。理由は一見同じに見える給湯器も細かく種類が分かれており、設置できるサイズや環境が違えば購入したのに無駄になってしまうケースがあるためです。

また古くから給湯器メーカーと取引にて安く仕入れることが可能な交換業者も多く、セットで依頼することで製品の通常価格よりも安価に購入できます。「工事費を抑えたい」と業者に伝えれば、多くもっている在庫のなかから最適な機種を選んでくれる業者もあるので、まずは一度見積もりをしてもらうのがおすすめです。

給湯器の故障で 大至急交換したい方

即日対応可能な給湯器交換業者3選

※即日対応可能を公式HPに明記している3社。

湯ドクター

公式HP

キンライサー

公式HP

給湯器
直販センター

公式HP

365日
24時間受付
○の記号 ○の記号 ○の記号
緊急
レンタル
○の記号 ○の記号
取り扱い
メーカー数
9
リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパス、パナソニック、コロナ、東芝、三菱電機、ダイキン
6
ノーリツ、リンナイ、パロマ、パーパス、ハーマン、大阪ガス
4
リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパス
対応
エリア
全国
東京、埼玉、
神奈川、大阪、
兵庫
東京、埼玉、
神奈川
給湯器の不具合で 交換を検討している方

対応力に優れた給湯器交換業者3選

※全国に対応する3社(一部対応できない地域あり)。最大割引率は2019年9月現在

湯ドクター

公式HP

正直屋

公式HP

住設ドットコム

公式HP

最大割引率 82 81 82
無償
本体保証
7 2 3
無償
工事保証
10 10 3
現地調査 ○の記号

給湯器交換業者で
一番見積もりが安いのは?

イメージ

給湯器の交換は実は思いほか高く、工事費と合わせて40万や50万かかってしまうケースも。日常生活に欠かせないものとはいえ、できるだけ費用は抑えたいですよね。そこで、おすすめの給湯器業者4社に見積もり依頼をしてみました。どこが一番安く対応してくれるか、実際の書面とともにまとめています。