静岡県に対応する給湯器交換業者

ここでは、静岡県に対応する給湯器交換業者をまとめています。参考にしてみてください。

静岡エリアを対象としている給湯器交換業者

ハロー給湯

ハロー給湯の特徴

静岡県内のみで事業を展開している地域密着企業。地域に寄り添った、親切で丁寧なサービスを提供しています。
24時間365日受付で、各部署の専門スタッフが連携し、スピード対応でトラブルを解決します。早朝でも深夜でも対応が可能。静岡県内に静岡市、焼津市、浜松市、掛川市、焼津市5ヶ所の支店があり、一番近い支店から現場に急行。ガス会社が運営し、ガスの供給から給湯器の設置や交換、修理をまでトータルでサポートします。

静岡県内で地域最安値を目指し、さまざまな企業努力をしているハロー給湯。もし、競合会社の見積もりが自社の料金よりも安い場合は、その料金より5,000円も値引きをしてくれるとのこと。静岡県でどこよりも安く商品を提供するために頑張っている企業です。

見積りは無料で、料金に納得したうえで工事を開始するので安心です。もし、即日交換できず、交換工事までに間が空いてしまった場合は、レンタル給湯器の貸し出しも行っています。

ハロー給湯の対応力まとめ

365日24時間受付
緊急レンタル
取扱いメーカー数 4(リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパス)
即日対応
実績 年間1,000件以上
下見
研修
無償本体保証 記載なし
無償工事保証 記載なし

TEL(24時間365日受付)

ハロー給湯の口コミ

いつでも電話対応してくれる

深夜・早朝でも電話対応してくれました。

引用元:ハロー給湯公式HP(https://www.hello-kyuto.jp/voice/)

押し売りがなくて安心

給湯器を無理に売りつける事がなかったので安心しました。

引用元:ハロー給湯公式HP(https://www.hello-kyuto.jp/voice/)

静岡県の事業所・工事拠点

  • 事業所:【静岡支店】静岡県静岡市駿河区高松2-1-1
  • 工事拠点:静岡市、焼津市、浜松市、掛川市、沼津市

ハロー給湯の交換費用事例を
公式HPで見る

スマートシステム

スマートシステムの特徴

スマートシステムは給湯器の専門店。対応エリアは、静岡市・藤枝市・焼津市・島田市の4市のみ。20年以上のガス給湯器の施工・販売実績を活かし、給湯器の交換や修理を行っています。急な故障で困っている場合は即日施工も可能。工事時間は2~3時間程度で、出張費や見積もりは無料です。電話でも適切なアドバイスを行っているので、気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

メーカーから給湯器を直接仕入れているため、給湯器のお手頃価格を実現しています。自社スタッフが提案・見積・工事・アフターまで一括で担当するため、リーズナブルな価格で施工が行えます。対応エリアが狭いため、出張費や広告宣伝費を削減でき、適正価格で質の良いサービスを提供しています。

ガス給湯器の施工は、ガス機器設置スペシャリストの有資格者が担当。20年以上の経験を積んだスタッフが責任をもって工事を行ってくれるため、仕上がりに不安はないでしょう。施工した給湯器には7年間の保証が付いています。

スマートシステムの対応力まとめ

365日24時間受付 ×
緊急レンタル
取扱いメーカー数 6(ノーリツ、リンナイ、パロマ、パーパス、TOTO、LIXIL)
即日対応
実績 6,000件以上
下見
研修
無償本体保証 7年
無償工事保証 記載なし

TEL

スマートシステムの口コミ

早くて丁寧な作業

仕事は早くて丁寧。綺麗に仕上げていってくれました。電話で話した方も、工事に来てくれた方も明るくて礼儀正しい感じで、とても満足しています。

引用元:スマートシステム公式HP(https://s-smart.biz/)

新しい給湯器を提案してくれた

給湯器の安さも魅力的でしたが、家族の人数や使い方を聞いて新しい給湯器を提案してくれました。シャワー中にお湯の勢いが弱く感じることがなくなり、快適です!ありがとうございました。

引用元:スマートシステム公式HP(https://s-smart.biz/)

静岡県の事業所・工事拠点

  • 事業所:静岡県静岡市駿河区向敷地292-1
  • 工事拠点:静岡市

スマートシステムの交換費用事例を
公式HPで見る

湯ドクター

湯ドクターの特徴

湯ドクターは昭和2年創業の老舗企業。ガス給湯器・風呂釜の取付、交換などの工事を全国エリアで対応しています。液化石油ガス設備士、ガス機器設置スペシャリスト、丙種ガス主任技術者など、さまざまな資格を持つスタッフが在籍。確かな技術と豊富な実績を持つスタッフが施工を担当します。

設置基準を遵守した安全・安心・確実な工事を行うため、無料で現地調査を実施。現場を詳細に確認したうえで、最適な交換機種を提案してくれます。また、お客さんと直接会って説明をすることで、お客さんが抱える不安を解消。ネットでの修理依頼に不安を感じている人でも安心できる、丁寧な対応を心掛けています。

365日24時間電話受付可能。急な故障時でも、全国の80地区の拠点から迅速に対応します。10年間の工事保証と7年間の機器本体保証も付いているため、もし使用中にトラブルが起きてしまっても安心ですね。

湯ドクターの対応力まとめ

365日24時間受付
緊急レンタル
取扱いメーカー数 9(リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパス、パナソニック、コロナ、東芝、三菱、ダイキン)
即日対応
実績 80,000以上
下見
研修
無償本体保証 7年
無償工事保証 10年

TEL(24時間365日受付)

湯ドクターの口コミ

レスポンスが早く正確

とにかく連絡が早く、その内容もこちらが要望するもので最適でした。余計な情報がなく、判断する上で最適でした。何よりレスポンスが早くて正確であるという事はとても安心できるものでした。施工会社が一番の不安材料でしたが、これまでのところ問題はなく良かったです。

引用元:湯ドクター公式HP(https://www.u-doctor.com/products/region/shizuoka#voiceList)

対応がわかりやすくて早い

メールでの見積もり依頼でしたが、わかりやすく、早い対応をして頂きました。何度か質問もさせていただきましたが、すぐに返事をいただけました。

引用元:湯ドクター公式HP(https://www.u-doctor.com/products/region/shizuoka#voiceList)

静岡県の事業所・工事拠点

  • 事業所:記載なし
  • 工事拠点:静岡市、浜松市、富士市、沼津市

湯ドクターの交換費用事例を
公式HPで見る

正直屋 静岡中央店

正直屋 静岡中央店の特徴

正直屋は、給湯器やガスコンロの設置交換工事専門店です。緊急の依頼には最短で即日対応が可能で、土日・祝日も営業しています。拠点店舗に近い場所であれば、最短30分ほどで現場に到着します。電話で給湯器の品番を伝えれば、5分~30分以内に正確な見積もり金額を提示してくれます。

施工は全て自社の有資格者が担当。そのため、作業のスムーズさはもちろん、手抜き工事を行うこともありません。経験豊富なスタッフが、機器の状況に合わせて丁寧に施工してくれます。

正直屋では、給湯器をメーカーから直接仕入れています。さらに、広告宣伝費や中間マージンなど、工事とは関係ない余分なコストを削減することで、リーズナブルな施工を実現。かかる費用は卸値価格と工事費のみとなっています。一括での支払が難しい場合は、ローン払いにも対応しています。

正直屋 静岡中央店の対応力まとめ

365日24時間受付 ×
緊急レンタル ×
取扱いメーカー数 4(ノーリツ、パロマ、リンナイ、長府)
即日対応
実績 20,000以上
下見 ×
研修
無償本体保証 2年(有償にて延長有)
無償工事保証 10年

TEL(年中無休)

正直屋 静岡中央店の口コミ

低価格でアフターサービスも充実

非常に低価格でありながら対応や工事もスムーズにしていただきありがとうございました。 アフターサービスも充実しており、安心して使用させていただています。

引用元:正直屋 静岡中央店公式HP(https://syouzikiya.jp/shizuoka/voice/)

作業が丁寧で感じが良かった

値段は安い 作業は丁寧 こういう所の職人は無愛想な人多いけど、来てくれた人は感じ良い。

引用元:Googleの口コミ(https://www.google.com/search?client=firefox-b-d&q=%E6%AD%A3%E7%9B%B4%E5%B1%8B+%E9%9D%99%E5%B2%A1%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E5%BA%97%E3%80%80%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F#lrd=0x601a4f60e5aa7f11:0x33efc86eee300db3,1,,,)

静岡県の事業所・工事拠点

  • 事業所:【静岡中央店】静岡県静岡市駿河区丸子1-9-6-B
    【沼津店】静岡県沼津市上香貫三園町1377-4
    【葵店】静岡県静岡市葵区大岩4丁目23-12 セピア平ヶ谷1F-A
    【浜松店】静岡県浜松市中区住吉2丁目17-19
  • 工事拠点:静岡市、沼津市、浜松市

正直屋 静岡中央店の交換費用事例を
公式HPで見る

静岡で受けられる補助金制度

伊東市住宅用新エネルギー及び省エネルギー機器設置費補助金

伊東市の補助金制度で、新エネ・省エネ機器を設置する方に対して補助金を交付します。地球温暖化の原因である二酸化炭素排出量の削減が目的の事業です。対象の機器には、高効率給湯器に加え太陽光発電システムやリチウムイオン蓄電池システム、家庭用エネルギー管理システムなどがあります。

補助金の交付は、対象機器ごとに1世帯に付き1回限り。対象機器を合算して申請することも可能です。年度内に工事着工し、工事を完了して完了報告書を提出することが条件となっています。申請の審査には2週間ほどかかるため、早めの申請がおすすめ。提出する書類に使用する印鑑は、すべて同一のものを使用します。認印は可ですが、浸透ネーム印は不可です。

なお、令和4年4月1日から高効率給湯器(エコキュート、エコジョーズなど)とエコウィルが対象機器から除外されますのでお気を付けください。

対象者

補助対象者は以下のとおりです。

  • 自らが居住する又は居住しようとする住宅に新エネルギー又は省エネルギー機器を設置する方及び補助対象機器が設置されている建て売り住宅を購入する方
  • 本市の住民基本台帳に登録のある方又はされる方(完了報告書提出時に当該住所地の登録を有している方)
  • 補助事業を行う住宅の所有者又は同一世帯員
  • 市税を滞納していない方

引用元:pdf令和3年度 伊東市住宅用新エネルギー及び省エネルギー機器設置費補助金 交付の手引き
(https://www.city.ito.shizuoka.jp/material/files/group/11/tebiki03.pdf)

対象設備・工事

給湯器についての要件は以下のとおりです。

  • 自然冷媒ヒートポンプ給湯器:一般社団法人日本冷凍空調工業会規格の年間給湯効率(JRA)が 2.7 以上の機能を有する、または日本工業規格の年間給湯保温効率(JIS)が 2.7 以上の機能を有する(風呂保温機能有)
  • 潜熱回収型給湯器:潜熱回収型給湯器で定格給湯熱効率が 90%以上の機能を有する
  • エコウィル:都市ガス、LP ガスを燃料として発電し、その排熱を利用した湯を貯湯する機能を有する機器で、定格運転時において 0.5kW 以上の発電出力を有し、低位発熱量基準(LHV 基準)の総合効率が 80%以上、貯湯タンクが 50ℓ以上の機器

引用元:pdf令和3年度 伊東市住宅用新エネルギー及び省エネルギー機器設置費補助金 交付の手引き
(https://www.city.ito.shizuoka.jp/material/files/group/11/tebiki03.pdf)

補助金助成額

給湯器の補助金額については、以下のとおりです。

  • 高効率給湯器(自然冷媒ヒートポンプ給湯器・潜熱回収型給湯器):20,000円
  • エコウィル:40,000円

引用元:pdf令和3年度 伊東市住宅用新エネルギー及び省エネルギー機器設置費補助金 交付の手引き
(https://www.city.ito.shizuoka.jp/material/files/group/11/tebiki03.pdf)

申請に必要な書類

申請に必要な書類は以下のとおりです。

  • 補助金交付申請書
  • 契約書の写しその他補助対象経費の内訳が確認できる書類
  • 設置するシステム等の形状、規格等がわかるパンフレット等の資料
  • 設置工事着手前の現況写真(建て売り住宅の場合は、設置後の写真)
  • 設置工事を実施する住宅の周辺地図
  • 市税等の納税証明書(本市において市税の納付状況が確認できる方は添付を省略できます。)
  • 住宅の所有者でない場合、所有者の承諾書
  • 代理人が申請する場合は、代理人選任届

引用元:pdf令和3年度 伊東市住宅用新エネルギー及び省エネルギー機器設置費補助金 交付の手引き
(https://www.city.ito.shizuoka.jp/material/files/group/11/tebiki03.pdf)

住宅リフォーム振興事業補助金

東伊豆町の補助金制度で、住宅リフォームを行った場合に町からの補助を受けることができます。町内施工業者を利用してリフォーム工事が行われた場合のみ対象です。対象の住宅は申請者が所有・居住しているもので、貸家やアパートは対象外。併用住宅は居住部分のみ対象となります。

申請から交付決定まで10日前後かかるため、施工開始日に間に合わないことがないよう余裕をもって申し込むようにしましょう。なお、令和2年度より申請可能回数が1回から5回までに変更となりました。所有者が変わった場合は再度5回まで申請が可能です。住宅の居住性を高めるための工事、または住宅の衛生上必要な工事として給湯器ユニットの設置・修理が対象となります。

対象者

補助の対象者は以下のとおりです。

  • 申請日において東伊豆町に住民登録をし、居住している者
  • 申請日において町税等(介護保険料、水道料等を含む。)を滞納してないこと
  • 補助限度額20万円の範囲で5回まで可能(相続等で建物の所有者が変わった場合には再度20万円、5回までの申請が可能)

引用元:pdf東伊豆町住宅リフォーム補助金
(https://www.town.higashiizu.shizuoka.jp/bg/life/upload/knk_reform-gaiyou.pdf.pdf)

対象設備・工事

東伊豆町内に所有する個人住宅及び併用住宅の居住部分で、改良工事の金額が5万円以上(税抜)のものが対象です。給湯器については、以下のとおりです。

  • 給湯器ユニットの設置、修理(水道に関する工事は、町指定業者でなければ行うことができなので注意)

引用元:pdf東伊豆町住宅リフォーム補助金
(https://www.town.higashiizu.shizuoka.jp/bg/life/upload/knk_reform-gaiyou.pdf.pdf)

補助金助成額

補助金額は、工事金額(税抜)の20%(上限額20万円)です。1,000円未満の端数切捨となります。

引用元:pdf東伊豆町住宅リフォーム補助金
(https://www.town.higashiizu.shizuoka.jp/bg/life/upload/knk_reform-gaiyou.pdf.pdf)

申請に必要な書類

必要な書類は以下のとおりです。

  • 申請書
  • 見積書(写し)
  • 写真(対象物件の外観と工事予定箇所)
  • 家屋の評価証明
  • 住民票
  • 所有者の承諾書(所有者以外の家族が申請する場合又は共有名義の場合)
  • 戸籍謄本(家屋所有者が亡くなっていて名義変更されていない場合)

引用元:pdf東伊豆町住宅リフォーム補助金
(https://www.town.higashiizu.shizuoka.jp/bg/life/upload/knk_reform-gaiyou.pdf.pdf)

令和3年度クリーンエネルギー機器導入促進事業費補助金

川根本町で実施されている補助金制度で、クリーンエネルギー機器を導入される方に対して補助金を交付します。環境への負荷が少ないエネルギー利用を促進して地球温暖化の防止、資源の有効活用を図るための取り組みです。申請は機器設置工事前に行う必要があります。設置後の申請は受け付けてもらえないので注意しましょう。

補助金の上限は20万円で、複数の機器を組み合わせて申請しても構いません。ただし、同一種類の機器に対する補助は同一世帯に付き1回となっています。また、交付を受けた年度から3年間は交付の申請はできないので気を付ける必要があります。

対象の機器には給湯器のほか、太陽光発電システムや太陽熱温水器、住宅用リチウムイオン蓄電池システムがあります。

対象者

対象者は以下のとおりです。なお、令和3年1月1日現在で川根本町に居住していなかった方は、前住所地で税金を完納していることが分かる書類(完納証明書、納税証明書、滞納のない証明書など)を取得する必要があります。

  • 町内に住所を有する方。転入等により事業実施をする場合は、実績報告書提出時までに川根本町に住民登録ができる方
  • 自ら居住する、又は居住予定の町内の住宅に補助対象機器を設置する方で、未使用品であること。(事業用・中古品は不可)
  • 町税を滞納していないこと

引用元:川根本町公式ホームページ 令和3年度クリーンエネルギー機器導入促進事業費補助金について
(http://www.town.kawanehon.shizuoka.jp/soshiki/kurashikankyo/kankyoseisaku/816.html)

対象設備・工事

給湯器について、対象設備は以下のとおりです。

  • ヒートポンプ型給湯器:メーカーのカタログ値において、JRA規格表示で年間給湯効率が3.1以上、又はJIS規格表示でふろ保温機能があるものは年間給湯保温効率が2.7以上、ふろ保温機能がないものは年間給湯効率が3.1以上である家庭用機器
  • 潜熱回収型給湯器(ガス、石油共):潜熱を回収するための熱交換機を備えており給湯熱効率が90%以上であること
  • ハイブリッド給湯器(ヒートポンプ型+潜熱回収型):ヒートポンプユニット及び潜熱回収型給湯器を備えており、一つのシステムとして運用するもので、潜熱を回収するための熱交換機を備えており給湯熱効率が90%以上であること。メーカーのカタログ値において、JRA規格
  • ハイブリッド給湯器(ヒートポンプ型+太陽熱温水器):ヒートポンプユニット及び太陽熱温水器を備えており、一つのシステムとして運用するもの。メーカーのカタログ値において、JRA規格

引用元:川根本町公式ホームページ 令和3年度クリーンエネルギー機器導入促進事業費補助金について
(http://www.town.kawanehon.shizuoka.jp/soshiki/kurashikankyo/kankyoseisaku/816.html)

補助金助成額

給湯器の補助金額は以下のとおりです。なお、複数の機器を組み合わせて申請される場合、補助金の上限は20万円です。

  • ヒートポンプ型給湯器:設置費用の2分の1以内で、上限50,000円
  • 潜熱回収型給湯器(ガス、石油共):設置費用の2分の1以内で、上限30,000円
  • ハイブリッド給湯器:設置費用の2分の1以内で、上限100,000円

引用元:川根本町公式ホームページ 令和3年度クリーンエネルギー機器導入促進事業費補助金について
(http://www.town.kawanehon.shizuoka.jp/soshiki/kurashikankyo/kankyoseisaku/816.html)

申請に必要な書類

申請に必要な書類は以下のとおりです。

  • 補助金交付申請書
  • 機器等の設置に係る契約書または見積書の写し
  • 設置する機器等の形状、規格等を説明する資料(カタログの写し等)
  • 手続き代行者確認書(申請者以外が手続きする場合)
  • チェックリスト

引用元:pdf川根本町クリーンエネルギー機器 導入促進事業費補助金申請の手引
(http://www.town.kawanehon.shizuoka.jp/material/files/group/18/tebiki2.pdf)

省エネルギー住宅整備費補助金

藤枝市の補助金制度。省エネルギー住宅への改修促進のための取り組みで、省エネ機器の設置や省エネリフォームを行う際に補助金が交付されます。着工前の申請を原則としていますが、令和3年度の場合、令和3年4月1日~令和3年5月5日の間に着工した工事については要件を満たしていれば交付対象となります。

“もったいない”エコファミリー宣言をすることが条件となります。二酸化炭素排出量を減らすことや燃やすごみを減らすこと、環境保全活動への参加、クールチョイスへの賛同など、環境にやさしい4つの目標を宣言してエコ生活に取り組みましょう。

過去に本事業の交付を一度でも受けた人は対象外。実績報告書は、国補助金の確定通知受領日から30日以内に行う必要があります。

対象者

対象者は、下記条件のすべてに該当する方です。

  • 市内の住宅(併用住宅も可)で行う次のアからウの設備等の購入及び設置工事に係る補助対象経費(税抜)が100万円を超えること。
  • ア.高性能建材(断熱材・ガラス・窓)

    イ.高効率給湯設備(エコキュート・エコジョーズ・エコフィール・ハイブリッド給湯機)

    ウ.高効率空調設備

  • 次のアからウのいずれかの国補助金・支援事業の交付確定を令和3年度内に受ける者
  • ア.令和3年度予算「戸建住宅ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化等支援事業のうちZEH支援事業」(執行団体:一般社団法人環境共創イニシアチブ)

    イ.令和3年度予算「戸建住宅ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化等支援事業」のうち断熱リフォーム支援事業(執行団体:公益財団法人北海道環境財団)

    ウ.令和3年度予算「長期優良住宅化リフォーム推進事業」(執行団体:すまいづくりまちづくりセンター連合会)

  • 納付すべき市税を滞納していない者
  • “もったいない”エコファミリー宣言をしている者(申請時の宣言でも可)

引用元:藤枝市ホームページ 省エネルギー住宅整備費補助金
(https://www.city.fujieda.shizuoka.jp/soshiki/kankyosuido/kankyoseisaku/gyomu/2/kakushuhojokin0/16929.html)

対象設備・工事

給湯器に関しては、工事の補助対象経費(税抜)が100万円を超える高効率給湯設備(エコキュート・エコジョーズ・エコフィール・ハイブリッド給湯機)の設置工事が対象です。

引用元:藤枝市ホームページ 省エネルギー住宅整備費補助金
(https://www.city.fujieda.shizuoka.jp/soshiki/kankyosuido/kankyoseisaku/gyomu/2/kakushuhojokin0/16929.html)

補助金助成額

一律 100,000円

引用元:藤枝市ホームページ 省エネルギー住宅整備費補助金
(https://www.city.fujieda.shizuoka.jp/soshiki/kankyosuido/kankyoseisaku/gyomu/2/kakushuhojokin0/16929.html)

申請に必要な書類

申請に必要な書類は以下のとおりです。

  • 補助金交付申請書
  • 完納証明書(市税の滞納がないことの証明、3ヶ月以内に発行されたもの)
  • もったいない”エコファミリー宣言
  • 補助金の交付申請時に提出した書類の写し

引用元:令和3年度藤枝市省エネルギー住宅整備費補助金について(概要)
(https://www.city.fujieda.shizuoka.jp/material/files/group/64/R3SyoeneGaiyou.pdf)

給湯器の故障で 大至急交換したい方

即日対応可能な給湯器交換業者3選

※即日対応可能を公式HPに明記している3社。

湯ドクター

公式HP

キンライサー

公式HP

給湯器
直販センター

公式HP

365日
24時間受付
○の記号 ○の記号 ○の記号
緊急
レンタル
○の記号 ○の記号
取り扱い
メーカー数
9
リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパス、パナソニック、コロナ、東芝、三菱電機、ダイキン
6
ノーリツ、リンナイ、パロマ、パーパス、ハーマン、大阪ガス
4
リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパス
対応
エリア
全国
東京、埼玉、
神奈川、大阪、
兵庫
東京、埼玉、
神奈川
給湯器の不具合で 交換を検討している方

対応力に優れた給湯器交換業者3選

※全国に対応する3社(一部対応できない地域あり)。最大割引率は2019年9月現在

湯ドクター

公式HP

正直屋

公式HP

住設ドットコム

公式HP

最大割引率 82 81 82
無償
本体保証
7 2 3
無償
工事保証
10 10 3
現地調査 ○の記号

給湯器交換業者で
一番見積もりが安いのは?

イメージ

給湯器の交換は実は思いほか高く、工事費と合わせて40万や50万かかってしまうケースも。日常生活に欠かせないものとはいえ、できるだけ費用は抑えたいですよね。そこで、おすすめの給湯器業者4社に見積もり依頼をしてみました。どこが一番安く対応してくれるか、実際の書面とともにまとめています。