給湯器の交換まるわかりガイド » 給湯器の基礎知識 » DIYで給湯器をセルフ交換できるって本当?

DIYで給湯器をセルフ交換できるって本当?

給湯器のトラブルやアクシデントに見舞われた際、「業者に相談しよう」ではなく「自分でどうにかできないか」と考える人は多いでしょう。普段からDIYしている方なら工具をもっていますし、普段DIYしない方でもホームセンターで簡単に工具を揃えることができます。

そのため、「業者に頼むより安く済みそう」と考えるのは何ら不思議なことではありません。ただし、給湯器交換工事は必ず業者に頼む必要があります。その理由について、リスクや注意点と合わせて解説しているので参考にしてみてください。

無資格で給湯器を交換するのは犯罪行為

結論から述べると、無資格者が給湯器を交換する行為は法律違反にあたります。業者に変わって交換工事を引き受けるのはもちろんNGですし、例え自宅の給湯器の交換であっても資格がなければ法律違反です。無資格者が給湯器交換工事を行った場合、電気工事士法違反で30万円以下の罰金もしくは1年以下の懲役が科せられるので覚えておきましょう。

参照元:ミズテック公式HP(https://www.mizu-tech.co.jp/blog/90438/)

給湯器交換に必要な資格一覧

給湯器交換は排気筒やリモコン線、線用コンセントやアース線など様々なものを触るので、次のような資格が求められます。

  • 液化石油ガス設備士
  • ガス可とう管接続工事監督者
  • ガス機器スペシャリスト
  • 簡易内管施工士
  • ガス消費機器設置工事監督者
  • 第二種電気工事士(もしくは同等以上の資格)

給湯器の交換工事を行う際は、上記の資格が必要になります。当然ですが給湯器業者はこれらの資格を保持しているからこそ、給湯器の交換が可能です。裏を返せば、個人でもこれらの資格を保有していれば、DIYで給湯器の交換工事を行えることになります。どうしてもDIYしたいという方は、資格を取得してから行ってくださいね。

ガスの種類によって変わる必要資格

プロパンガスの給湯器の場合、都市ガスの資格は必要ありません。逆に都市ガスの給湯器の場合、プロパンガスの資格は必要ありません。この点だけを見ても、個人でどのような資格が必要なのかを判断することが難しいものだと気付かされるのではないでしょうか。

専門業者なら工事に必要な資格の種類も把握していますし、必要な資格を持っている技術者が交換工事を行ってくれるので、安心して依頼できることでしょう。

セルフ交換で起こり得る給湯器交換の事故

資格を保持していれば自ら給湯器交換を行うことは可能です。ただし、給湯器交換工事には危険が伴うことも知っておきましょう。

屋外設置型給湯器の交換工事の場合、本来なら屋外に設置するものを屋内に設置したため、浴室内にガスが充満。結果、一酸化中毒によって亡くなってしまったというケースもあります。

また、ベランダに設置したガス給湯器の近くに燃えやすい物を置いていた結果、引火してしまうケースも多々見られます。これは給湯器交換工事の際だけではなく、普段から起こり得る事故です。洗濯ものや段ボールなど、屋内に置く場所がない不要な物をベランダに置いている方も多いと思いますが、事故を防ぐために給湯器から離れた場所に置くようにしましょう。

信頼できて頼れる
給湯器交換業者は?

イメージ

給湯器の交換は実は思いのほか高く、工事費と合わせて40万や50万かかってしまうケースも。日常生活に欠かせないものである以上、すぐに対応できて信頼できる業者に依頼したいですよね。ここでは全国に対応した老舗の業者を紹介します。