給湯器の交換まるわかりガイド » 給湯器の基礎知識 » 石油給湯器の排気方法の違い

石油給湯器の排気方法の違い

石油給湯器は、製品によって排気方式に違いがあります。ここでは、排気方式ごとの特徴や、それぞれのメリット・デメリットなどについて紹介します。

FE式とFF式の違いとは

石油給湯器の排気方法は「FE式」と「FF式」の2種類です。

FE式は強制排気方式とも呼ばれるものであり、強制的に排気を行う特徴を持っています。一方、FF式は強制給排気方式とも呼ばれるものであり、強制的に給気と排気の両方を行うのが違いです。

石油給湯器は、内部にファンモーターと呼ばれる部品が入っており、燃焼ガスを屋外に排出しています。燃焼には空気も必要になるため、ガスの排出をし、空気を取り込んでいる点についてはどちらも同様です。ただ、どこから空気を確保するのかに違いがあります。

FE式の場合は石油給湯器の周辺から空気を確保し、FF式は家の外から確保します。

FE式とFF式のメリットとデメリット

排気方法が異なるFE式とFF式には、異なるメリット・デメリットがあります。おさえておきたいポイントを解説します。

FE式はホコリなどが詰まることがある

強制排気方式であるFE式は、石油給湯器の周辺から空気を確保することになるので、室内にあるホコリなどを吸い込みやすい点がデメリットとして挙げられます。

適切なメンテナンスをすることなくホコリが詰まってしまうと、酸欠になってうまく燃焼できなくなるリスクに注意が必要です。特に毛が抜けやすいペットを飼っている場合に詰まることがあります。

FE式と異なり空気を外から確保するFF式であれば、こういったことはありません。

FF式は排ガスを取り込んでしまうことがある

FF式は、なんらかの理由により給気の際に排気を取り込んでしまうケースがあることがデメリットとして挙げられます。石油給湯器の設置場所が悪い場合などに起こりやすいトラブルで、排ガスには十分な空気が含まれていないことから酸欠の可能性があります。

反対にFE式はこの心配がありません。

FE式とFF式で悩む必要はない

FE式とFF式の特徴や違いについて紹介してきましたが、どちらが優れているといったことはありません。そのため、優劣でFE式とFFを判断する必要はないでしょう。

例えば、新しく石油給湯器を買い替える際などには、これまで設置しているのと同じ排気方式の製品の購入について検討するのが一般的です。

現在設置しているのがどちらの排気方式かについては、見た目から判断が可能です。一般的に、壁掛けタイプの石油給湯器についてはFF式のものが多いといえます。

FF式は、本体から給気と排気を行うための2本の煙突が出ているのが特徴で、途中から1本になって家の外に接続されているので確認しみてください。

ただ、細かくこだわって選びたいと考えているのであれば、給湯器を扱う会社に相談してみると良いでしょう。設置場所などについても相談してみると、最も適した製品や排気方式などがわかりやすくなるはずです。

給湯器の故障で 大至急交換したい方

即日対応可能な給湯器交換業者3選

※即日対応可能を公式HPに明記している3社。

湯ドクター

公式HP

キンライサー

公式HP

給湯器
直販センター

公式HP

365日
24時間受付
○の記号 ○の記号 ○の記号
緊急
レンタル
○の記号 ○の記号
取り扱い
メーカー数
9
リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパス、パナソニック、コロナ、東芝、三菱電機、ダイキン
6
ノーリツ、リンナイ、パロマ、パーパス、ハーマン、大阪ガス
4
リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパス
対応
エリア
全国
東京、埼玉、
神奈川、大阪、
兵庫
東京、埼玉、
神奈川
給湯器の不具合で 交換を検討している方

対応力に優れた給湯器交換業者3選

※全国に対応する3社(一部対応できない地域あり)。最大割引率は2019年9月現在

湯ドクター

公式HP

正直屋

公式HP

住設ドットコム

公式HP

最大割引率 82 81 82
無償
本体保証
7 2 3
無償
工事保証
10 10 3
現地調査 ○の記号

給湯器交換業者で
一番見積もりが安いのは?

イメージ

給湯器の交換は実は思いほか高く、工事費と合わせて40万や50万かかってしまうケースも。日常生活に欠かせないものとはいえ、できるだけ費用は抑えたいですよね。そこで、おすすめの給湯器業者4社に見積もり依頼をしてみました。どこが一番安く対応してくれるか、実際の書面とともにまとめています。