給湯器の配管について

給湯器からは、さまざまな配管が出ています。それぞれどのような役割があるのか気になっている方もいるのではないでしょうか。

そこで、給湯器における配管の役割や、カバーは付けたほうが良いのか、配管工事をすることになった場合どの程度の費用がかかるのかなどについて解説します。

給湯器における配管の役割

給湯器から出ている配管には、それぞれ大切な役割があります。代表的な配管とその役割は以下のとおりです。

  • ガス管:給湯器にガスを供給するための配管
  • 給水管:給湯器に水を供給するための配管
  • 給湯管:給湯器で作ったお湯を蛇口につなげるための配管
  • 追い炊き配管:往きでお湯を取り込み、戻りでお風呂へ流すための配管

追い炊き配管は「往き」と「戻り」の2本があります。

どれも給湯器を正常に使うために欠かせないものなので、一つでも何かトラブルが起こると給湯器が使えなくなってしまいます。

給湯器の配管カバーは必要?

給湯器には、配管を隠すためのカバーがあります。一般的に給湯器の下部分に配管が繋がっているため、給湯器の下に取り付けるカバーです。

カバーについて押さえておきたいポイントを解説します。

設置は必須ではない

配管カバーは法令などによって設置が義務づけられているものではありません。そのため、カバーをつけるかについては自己判断となります。

ただ、集合住宅などの場合は規約でカバーを設置するように定めているところもあるようです。

カバーはオプション扱いになる

給湯器のカバーはオプション扱いになります。そのため、給湯器を交換する際にカバーは不要であると伝えることにより、費用が安く済むことがあります。

カバーを設置するメリットは多い

カバーを設置することによってごちゃごちゃした配管が見えなくなるため、見栄えが良くなります。また、雨風や汚れが直接的に触れにくくなるので、劣化を抑える効果も期待できるでしょう。

台風の時などは、思いがけないものが給湯器めがけて飛んでくる可能性もあります。そういった場合も、配管カバーを設置しておけば飛んできたものなどから配管を守ることが可能です。

寒い地域だと凍結リスクが軽減されるなどのメリットも大きいです。

給湯器の配管工事費用

給湯器を設置するにあたり、気になるのが費用の問題です。簡単な水圧調整などの工事であれば、10,000円以下、または20,000円以下で済むことがあります。ただ、給水管が破損してしまい、修理するような場合は10,000~30,000円程度かかるのが一般的です。給湯管から水漏れが発生しているような場合、10,000~40,000円程度の修理費がかかるのが相場といえます。

具材的な配管工事の内容によっても費用が大きく変わるので、工事業者によく確認しておきましょう。

給湯器の設置などにかかる総合的な費用については、以下のページで詳しく紹介しています。給湯器が壊れて交換を検討している方は、こちらも参考にしてください。

給湯器の交換費用について見る

給湯器の故障で 大至急交換したい方

即日対応可能な給湯器交換業者3選

※即日対応可能を公式HPに明記している3社。

湯ドクター

公式HP

キンライサー

公式HP

給湯器
直販センター

公式HP

365日
24時間受付
○の記号 ○の記号 ○の記号
緊急
レンタル
○の記号 ○の記号
取り扱い
メーカー数
9
リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパス、パナソニック、コロナ、東芝、三菱電機、ダイキン
6
ノーリツ、リンナイ、パロマ、パーパス、ハーマン、大阪ガス
4
リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパス
対応
エリア
全国
東京、埼玉、
神奈川、大阪、
兵庫
東京、埼玉、
神奈川
給湯器の不具合で 交換を検討している方

対応力に優れた給湯器交換業者3選

※全国に対応する3社(一部対応できない地域あり)。最大割引率は2019年9月現在

湯ドクター

公式HP

正直屋

公式HP

住設ドットコム

公式HP

最大割引率 82 81 82
無償
本体保証
7 2 3
無償
工事保証
10 10 3
現地調査 ○の記号

給湯器交換業者で
一番見積もりが安いのは?

イメージ

給湯器の交換は実は思いほか高く、工事費と合わせて40万や50万かかってしまうケースも。日常生活に欠かせないものとはいえ、できるだけ費用は抑えたいですよね。そこで、おすすめの給湯器業者4社に見積もり依頼をしてみました。どこが一番安く対応してくれるか、実際の書面とともにまとめています。