給湯器の交換まるわかりガイド » 給湯器の基礎知識 » マンションの給湯器交換

マンションの給湯器交換

マンションで給湯器を交換するにはどのようにすれば良いのでしょうか?交換方法や交換するときの注意点について解説します。

マンションの給湯器を交換する方法

賃貸マンションでの給湯器交換方法

賃貸マンションの給湯器を交換するには、次のような方法で行いましょう。

  1. 管理会社に給湯器を交換したいことを伝える
  2. 貸主に給湯器交換の連絡をする
  3. 管理会社が業者の手配をする
  4. 給湯器交換の工事を受ける

賃貸マンションの場合は、管理会社が給湯器交換業者の手配を行ってくれることがほとんどです。また貸主への連絡も管理会社が行うことが多いですが、管理会社に確認してもし必要であれば連絡をしてください。後は管理会社が手配した給湯器交換業者が訪問するので、工事を受けたら完了です。

連絡をせずに給湯器交換工事をすると、本来なら貸主負担であった交換費用を入居者が負担しなければならなくなったり、トラブルへと発展したりする可能性があるので必ず管理会社に連絡をした上で工事を受けましょう。

分譲マンションでの給湯器交換方法

次に分譲マンションでの給湯器交換方法について見ていきましょう。

  1. 管理会社に連絡をして交換できる機種を確認する
  2. 給湯器のタイプ・号数を選ぶ
  3. 業者に連絡をする
  4. 指定の日時に交換工事が行われる

分譲マンションでは賃貸マンションと違い、自身で給湯器交換業者の手配をすることが多くなります。ただマンションにより交換できる給湯器のタイプに制限があったり、工事の届け出が必要だったりする場合もあるので、事前に管理会社に確認をとるとトラブルを防げるでしょう。

マンションの給湯器交換にかかる時間

マンションの給湯器交換にかかる時間は、給湯器のタイプにより次のように変わります。

  • 給湯専用:1~2時間
  • ふろ給湯器:2~3時間
  • 給湯暖房熱源機:4~5時間

設置するタイプにより3時間程度の違いがあるので、給湯器交換工事の前に設置する給湯器のタイプを確認しておくとスケジュールを立てやすくなります。

マンションの給湯器を交換するときの注意点

分譲マンションの場合は交換する給湯器の機種を自由に選べることもありますが、本体の色はなるべく古い給湯器と合わせるようにするのがおすすめです。

マンションでは景観の美しさを保つため、統一感を重視します。そのため他の部屋と全く違う色の給湯器へと交換すると、マンション全体の統一感がなくなるため、以前のものと似た色を選ぶのが無難です。

規約に給湯器交換についての決まりがなく、管理会社から特に注意事項を伝えられなかったとしても、本体の色は以前のものと似た色のものを選びましょう。

給湯器の故障で 大至急交換したい方

即日対応可能な給湯器交換業者3選

※即日対応可能を公式HPに明記している3社。

湯ドクター

公式HP

キンライサー

公式HP

給湯器
直販センター

公式HP

365日
24時間受付
○の記号 ○の記号 ○の記号
緊急
レンタル
○の記号 ○の記号
取り扱い
メーカー数
9
リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパス、パナソニック、コロナ、東芝、三菱電機、ダイキン
6
ノーリツ、リンナイ、パロマ、パーパス、ハーマン、大阪ガス
4
リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパス
対応
エリア
全国
東京、埼玉、
神奈川、大阪、
兵庫
東京、埼玉、
神奈川
給湯器の不具合で 交換を検討している方

対応力に優れた給湯器交換業者3選

※全国に対応する3社(一部対応できない地域あり)。最大割引率は2019年9月現在

湯ドクター

公式HP

正直屋

公式HP

住設ドットコム

公式HP

最大割引率 82 81 82
無償
本体保証
7 2 3
無償
工事保証
10 10 3
現地調査 ○の記号

給湯器交換業者で
一番見積もりが安いのは?

イメージ

給湯器の交換は実は思いほか高く、工事費と合わせて40万や50万かかってしまうケースも。日常生活に欠かせないものとはいえ、できるだけ費用は抑えたいですよね。そこで、おすすめの給湯器業者4社に見積もり依頼をしてみました。どこが一番安く対応してくれるか、実際の書面とともにまとめています。