給湯器の世界市場

現在、給湯器の需要が世界的に高まっている傾向であることをご存知ですか?世界的な給湯器市場の拡大や、世界と日本の給湯器事情の違いなどについて解説します。

給湯器の世界市場は拡大傾向

給湯器の世界市場は拡大傾向にあり、2021年11月に発行されたレポートによると、2021年から2027年にかけて4%以上という健全な成長を見せるとの予測がされています。

給湯器の世界市場が拡大している原因は、エネルギー効率の高い暖房システムへの需要が高まっていることです。都市化や増加傾向にある天災などによる停電、給湯器の交換需要から製品の耐久性の高まりなどを背景として、さらに今後も拡大していくと見込まれています。

特に成長が見込まれる地域はアジア太平洋地域で、中国・日本・インド・オーストラリアがニーズを抱く主要エリアです。次いで北米エリアも貢献度が高くなると予想されています。

参考元:PRTIMES
(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000004036.000067400.html)

世界の給湯器事情

世界で使用されている給湯器は、日本の製品と違いがあるのでしょうか?世界の給湯器の特徴と、日本製品との違いについて見ていきましょう。

世界では「貯湯式給湯器」を使っていることも

日本ではスイッチをオンにすると水をお湯に変える「瞬間式給湯器」が広く普及していますが、世界では溜めた水をお湯に変える「貯湯式給湯器」が主流である国も少なくありません。

そのため貯湯式給湯器が普及している国の人たちにとって、日本の瞬間式給湯器は驚くほど快適なもので、高い支持を得ていると言われています。

瞬間式給湯器と貯湯式給湯器の違い

世界で使用されている溜めた水をお湯に変えると貯湯式給湯器は、瞬間式給湯器に比べて使い勝手が悪いと感じられることもあります。

貯湯式給湯器は給水の水圧が弱く、溜めた水を使い切ってしまえばお湯を作り出せません。そのため日本で広く普及している瞬間式給湯器に比べてシャワーの水圧が上がらず、お湯を使っているうちに水を使い切り、お湯が出なくなってしまうこともあります。

また水を溜めておくためのタンクが設置されているため、給湯器本体が大きく、場所を取ることもデメリットでしょう。

世界で貯湯式給湯器が使われる理由

日本で普及している瞬間式給湯器に比べて、デメリットが多いように感じられる貯湯式給湯器ですが、エリアによっては貯湯式の方がメリットが大きいと考えられることもあります。

貯湯式給湯器は導入コストが安く、水が少ない乾燥地域では水の使いすぎを防げることがメリットです。潤沢な水があり、設置コストが高くても快適な給湯器へと交換したいと考える傾向のある日本に対して、給湯器に対する根本的な考え方が違うのでしょう。

給湯器の故障で 大至急交換したい方

即日対応可能な給湯器交換業者3選

※即日対応可能を公式HPに明記している3社。

湯ドクター

公式HP

キンライサー

公式HP

給湯器
直販センター

公式HP

365日
24時間受付
○の記号 ○の記号 ○の記号
緊急
レンタル
○の記号 ○の記号
取り扱い
メーカー数
9
リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパス、パナソニック、コロナ、東芝、三菱電機、ダイキン
6
ノーリツ、リンナイ、パロマ、パーパス、ハーマン、大阪ガス
4
リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパス
対応
エリア
全国
東京、埼玉、
神奈川、大阪、
兵庫
東京、埼玉、
神奈川
給湯器の不具合で 交換を検討している方

対応力に優れた給湯器交換業者3選

※全国に対応する3社(一部対応できない地域あり)。最大割引率は2019年9月現在

湯ドクター

公式HP

正直屋

公式HP

住設ドットコム

公式HP

最大割引率 82 81 82
無償
本体保証
7 2 3
無償
工事保証
10 10 3
現地調査 ○の記号

給湯器交換業者で
一番見積もりが安いのは?

イメージ

給湯器の交換は実は思いほか高く、工事費と合わせて40万や50万かかってしまうケースも。日常生活に欠かせないものとはいえ、できるだけ費用は抑えたいですよね。そこで、おすすめの給湯器業者4社に見積もり依頼をしてみました。どこが一番安く対応してくれるか、実際の書面とともにまとめています。