給湯器のIOT化

近年、給湯器のIOT化が積極的に進められているそうです。IOTとはどのようなものなのでしょうか?本記事では、給湯器のIOT化について詳しく解説しています。

IOTとは?

IoT は、これまでインターネットに接続して使用されていなかったいろいろなものを、ネットワークを介してサーバーやクラウドサーバーなどに接続するシステムです。さまざまなものがネットワークに接続されることで、必要な情報をサーバー上で管理できたり、よりハイレベルなサービスを提供することができるようになります。

AIとIOTとの違いは、AIが「人工知能」であるのに対し。IOTはものに接続されるインターネットであるという点です。AIはさまざまなハードウェアに搭載することができますが、IOTはものにつないで使用するシステムになります。このことから、AIはハードウェアに依存しないものであるのに対し、IOTはものに対して使用するシステムであるといえます。

給湯器がIOTするメリット

リモコン操作が可能になる

IOTに対応した給湯器を使用することで、スマホなどの端末をリモコンとした遠隔操作が可能です。例えば、仕事が終わって帰宅する際にスマホから給湯器を操作することで、帰宅に合わせてお風呂にお湯を溜めておくことができます。冬場など帰ってすぐに温かいお風呂に入れるのはうれしいですね。

遠隔で利用状況の確認ができる

スマホを介して給湯器の利用状況を確認できるのも、IOT対応給湯器のメリットです。離れて暮らす家族の給湯器利用状況を確認することができるので、毎日きちんと使っていることがわかれば、日々の生活をしっかり送れていることがわかります。特に高齢者の家族などの利用状況がわかると、元気にしているのだなと把握できるので助かります。

給湯器の故障が遠隔で把握できる

給湯器が故障などの理由から正常に動作できなくなった場合、スマホなどの端末にその旨の通知が入ります。どのようなエラーが出ているかも外出先などから遠隔で確認できるので、それをもとに修理依頼ができます。外にいながらも故障を知ることができれば、スピーディーに修理手配ができるのでとても便利です。

IOT給湯器の製品例

リンナイの風呂給湯器

リンナイの風呂給湯器は、給湯器にIOTを導入しているのではなく、リモコンにIOTを搭載することでさまざまな便利機能を活用できるようになっています。専用のアプリをスマホにインストールすることで、帰宅中にお湯はりができる、また床暖房を設置している場合、外出先から床暖房をオンにすることができるので、帰ったら暖かくなっているという具合です。

リモコンにIOTが搭載されていることで、給湯器だけでなくリンナイのほかの製品も遠隔操作ができる点がポイントです。

ノーリツの風呂給湯器

ノーリツの風呂給湯器にもIOT搭載の製品が登場しています。リンナイの風呂給湯器と同様に、遠隔でお湯はりができる、給湯の状態をチェックできるなどといった機能によって、給湯器をより便利に使用できます。

信頼できて頼れる
給湯器交換業者は?

イメージ

給湯器の交換は実は思いのほか高く、工事費と合わせて40万や50万かかってしまうケースも。日常生活に欠かせないものである以上、すぐに対応できて信頼できる業者に依頼したいですよね。ここでは全国に対応した老舗の業者を紹介します。