東京都内(23区)でおすすめの給湯器交換業者

東京都23区にて給湯器交換を検討している方におすすめの業者をまとめました。23区域ごとに掲載しているので、自分の住んでいる地域をチェックしてみてください。

東京都23区エリアのおすすめ給湯器交換業者

湯ドクター

湯ドクターの特徴

東京都23区全域に対応し、多くのメーカーを取り扱う湯ドクター。24時間受け付けており緊急レンタル機器の貸し出しもOKなど、急いで修理したい方にもっともおすすめした給湯器の業者です。

湯ドクターの対応力まとめ

365日24時間受付
緊急レンタル
取扱いメーカー数 10(リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパス、パナソニック、コロナ、東芝、三菱、ダイキン、HITACHI)
即日対応
実績 80,000件
下見
研修
無償本体保証 7年
無償工事保証 10年

TEL(24時間365日受付)

江戸川区の事業所・工事拠点

  • 事業所:【東京営業所】東京都港区赤坂7-5-15-101
  • 工事拠点:一之江、一之江町、宇喜田町、江戸川、大杉、興宮町、上一色、上篠崎、北葛西、北小岩、北篠崎、小松川、鹿骨、鹿骨町、篠崎町、下篠崎町、清新町、中央、中葛西、新堀、西一之江、西葛西、西小岩、西小松川町、西篠崎、西瑞江、二之江町、春江町、東葛西、東小岩、東小松川、東篠崎、東篠崎町、東松本、東瑞江、平井、船堀、本一色、松江、松島、松本、瑞江、南葛西、南小岩、南篠崎町、谷河内、臨海町

湯ドクターの交換費用事例を
公式HPで見る

文京区編

文京区にて給湯器の交換に対応している業者から、サービス内容や対応の豊富さを比較して厳選した業者をピックアップしてこちらでご紹介しています。取り扱いのメーカー数が豊富な業者が比較的多いのが特徴です。

世田谷区編

東京都世田谷区は持ち家比率が約4割と集合住宅の方が若干多いものの大きな差はないため集合住宅と戸建てのどちらにも対応できる業者が多いことが予想されます。故障した際にお勧めしたい業者を厳選してこちらにまとめています。

荒川区編

荒川区では東京都23区全域に対応している業者が多く、区域内の持ち家比率が約半分となっておりマンションと戸建てどちらでも相談できる業者ばかりであると予想できます。業者ごとの特徴や対応などをこちらにまとめました。

港区編

東京都港区は給湯器の交換や修理業者数が約96社あり、持ち家比率と賃貸がほぼ半々。そんな港区でおすすめの給湯器修理交換業者をこちらにてご紹介しています。特に即日で見積りや修理に対応してくれる業者が多いのが特徴です。

新宿区編

新宿区の給湯器交換業者を選ぶ際には相場で多い12万円から20万円ほどの費用を見ておくのが良いです即日対応してくれる業者も多いため、給湯器が故障しても慌てずにこちらでご紹介している業者へ連絡をしてみましょう。

品川区編

品川区の給湯器交換業者は実績数が豊富な傾向にあります。品川区にておすすめの給湯器交換業者をピックアップし、おおよその費用相場や持ち家とマンションなどでどちらの方が得意な業者が多そうであるのかなどをまとめました。

千代田区編

千代田区で給湯器交換業者に依頼した場合の費用相場は12万円以上を目安として比較しておきましょう。持ち家と民間の賃貸住宅の比率はほぼ同様のため、どちらにも対応できる交換業者が多いと考えられます。おすすめの業者をこちらにまとめました。

江東区編

東京湾にも面している江東区。給湯器の修理交換にかかる費用の相場は16万円から20万円が最も多く、対応している業者は約106社あります。そんな江東区にて依頼する修理業者を迷った方はこちらをチェックしてみてください。

江戸川区編

江戸川区は戸建ての持ち家比率が26.9%、マンションが60.2%と集合住宅の方が多い地域。そんな江戸川区にて給湯器の交換を検討する際におすすめの業者をピックアップしてご紹介。特徴や対応力などをまとめています。

渋谷区編

渋谷区には長年にわたって給湯器交換事業を手掛けている会社が数多くあります。地域によって集合住宅や一軒家などさまざまな住宅がありますが、住んでいる住宅のタイプに適した給湯器や工事をしてもらうようにするといいでしょう。

杉並区編

杉並区は都心に通う人たちが多く住むエリアであると共に、地元で働く人も数多く住んでいる地域です。さまざまな住宅があるエリアで、業者もいろいろなタイプの給湯器工事を手掛けているので、何か困ったことがあればすぐに連絡してみましょう。

台東区編

台東区は上野などが近く、古い住居も多いエリアとなっています。この地域で事業展開している給湯器工事業者もそうした住宅にしっかりと対応してくれるので、作業内容を含め、分からないことがあれば気軽に相談してみるといいですね。

豊島区編

豊島区にもさまざまな給湯器工事業者があります。全国展開しているところは技術力が高いですし、地元の業者も地域に密着しており、何かあったときに心強い存在となってくれます。ニーズに合わせて決めてみましょう。

中野区編

中野区は都心に近く、住宅も新築のマンションから古い一戸建てまでさまざまなものがあります。住宅の種類もさまざまで、それぞれに対応できる高い技術力が求められます。このエリアで営業している業者は、そのような柔軟な対応力が魅力的です。

練馬区編

練馬区は住宅街として栄えてきているエリア。住宅数や住んでいる人の数も増えており、給湯器に関するトラブルも多い地域となっています。地元密着の業者であれば、さまざまなトラブルにしっかりと対応してくれるでしょう。

目黒区編

地価が高く、比較的高級住宅街に位置づけられる目黒区。ただ、中には古い賃貸物件などもあります。給湯器トラブルについて相談できる業者も多いので、何かあったときにはすぐ連絡できるようにしておきましょう。

足立区編

新線開通や大学誘致などでまちづくりが進む足立区。昔からの住宅も多いですが、新しく住み替えた人も多い地域でもあります。そんな足立区の給湯器交換業者の施工エリアは全国規模のところが多いようです。多くの給湯器交換業者の中から自身に合う業者を見つけましょう。

板橋区編

23区の北西部に位置する板橋区。定住性のある地域として成熟し、住民同士のふれあいも活発です。そんな板橋区の給湯器交換業者は即日対応の企業が多いようです。24時間365日対応の業者もあるので、急なトラブル時にも安心ですね。

大田区編

大田区は23区内で最大の面積を誇ります。大田区の給湯器交換業者の中には、緊急レンタルを行っているところもいくつかあります。もし給湯器の在庫がなかった場合、何日間もお湯が出なくて困りますよね。レンタル品さえあればそんなときも安心です。

葛飾区編

柴又や亀有、立石など下町人情あふれるエリアが多い葛飾区。子育てや教育、福祉にも力を入れていて、人口は増加傾向にあります。葛飾区にある給湯器交換業者は全国規模の企業が多く、実績も多数。住まいに合った業者を選びましょう。

北区編

北区は昔からの街が多く、高齢者の人口割合が多いエリアです。戸建ての住宅の割合が比較的多く、住まいに合った給湯器交換業者を選ぶ必要があります。北区にある業者は施工エリアが広く、迅速な対応をしてくれるところが多く見られました。

墨田区編

江戸からの歴史や文化が色濃く残る墨田区には商店街が多く、地域の結びつきが強い特徴があります。墨田区でお湯が出なくて困った場合、さまざまな業者を利用することができるでしょう。紹介する3社はどこも即日対応が可能です。

中央区編

オフィス街や繁華街というイメージが強い中央区。人口増加率はトップ3に入るほど住民が増えている地域です。そんな中央区の給湯器交換業者は地域密着企業が多いのが特徴。価格は12万円~20万円台が相場なので、見積もり時には頭に入れておくとよいでしょう。

東京都で受けられる補助ポイント制度

東京ゼロエミポイント

東京都では、地球温暖化対策として省エネは必要不可欠という観点から家庭の省エネ行動を促す目的で、特にエネルギー消費量の大きい機器に着目した事業を実施しています。東京ゼロエミポイントとは、既に設置されている給湯器・エアコン・冷蔵庫において省エネルギー性能が高い製品に買い替えた都民に対し、商品券とLED割引券に交換できる「東京ゼロエミポイント」が付与される事業のこと。給湯器交換において付与されるポイントは10,000ポイント(LED割引券1,000円分+商品券9,000円分)となっています。

対象者

対象者は以下のとおりです。申請者の年齢は問わず、申請者当たりの申請回数の上限も設けられていません。また、法人での申請は不可となっています。

  • 都内に住所を有する個人であって、その住所を公的書類で証明出来る方
  • 住宅に設置済みのエアコン、冷蔵庫、給湯器を、省エネルギー性能の高い新品の対象家電などに買換えた方
  • 購入した対象家電などを都内の住宅に設置する方

対象製品

エアコン(最新の省エネ基準に基づく統一省エネラベル4つ星以上)・冷蔵庫(最新の省エネ基準に基づく省エネ基準達成率が100%以上)・給湯器(詳しい条件は下記に記載)

ポイント付与の対象となる製品については、公式HP(https://www.zero-emi-points.jp/product-search/)から検索できるので気になる人はチェックしてみましょう。

<対象となる給湯器の性能について>

  • エコキュート:JIS C9220に基づく年間給湯保温効率又は年間給湯効率が3.0以上(寒冷地仕様は2.7以上)であること
  • エコジョーズ:給湯部熱効率が94%以上であること
  • エコフィール:連続給湯効率が94%以上であること
  • ハイブリッド給湯器:熱源設備は電気式ヒートポンプと潜熱回収型ガス機器と併用するシステムで、貯湯タンクを持つものであり、電気ヒートポンプの効率が中間期(電気ヒートポンプのJIS 基準に定める中間期)のCOPが4.7以上かつ、ガス機器の給湯部熱効率が94%以上であること

申請に必要な書類

給湯器交換の場合、申請に必要な提出書類は以下のとおりです。

  • 登録・交換申請書
  • 本人確認証
  • 領収書またはレシート
  • 対象製品証明書
  • 納品書
給湯器の故障で 大至急交換したい方

即日対応可能な給湯器交換業者3選

※即日対応可能を公式HPに明記している3社。

湯ドクター

公式HP

キンライサー

公式HP

給湯器
直販センター

公式HP

365日
24時間受付
○の記号 ○の記号 ○の記号
緊急
レンタル
○の記号 ○の記号
取り扱い
メーカー数
9
リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパス、パナソニック、コロナ、東芝、三菱電機、ダイキン
6
ノーリツ、リンナイ、パロマ、パーパス、ハーマン、大阪ガス
4
リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパス
対応
エリア
全国
東京、埼玉、
神奈川、大阪、
兵庫
東京、埼玉、
神奈川
給湯器の不具合で 交換を検討している方

対応力に優れた給湯器交換業者3選

※全国に対応する3社(一部対応できない地域あり)。最大割引率は2019年9月現在

湯ドクター

公式HP

正直屋

公式HP

住設ドットコム

公式HP

最大割引率 82 81 82
無償
本体保証
7 2 3
無償
工事保証
10 10 3
現地調査 ○の記号

給湯器交換業者で
一番見積もりが安いのは?

イメージ

給湯器の交換は実は思いほか高く、工事費と合わせて40万や50万かかってしまうケースも。日常生活に欠かせないものとはいえ、できるだけ費用は抑えたいですよね。そこで、おすすめの給湯器業者4社に見積もり依頼をしてみました。どこが一番安く対応してくれるか、実際の書面とともにまとめています。